子供のビール

ネーミング自体がなんとなくレトロな感じで昭和時代を連想させますよね。


製造は佐賀県(株)友枡飲料さんというところで、そこのホームページからの情報によると「こどもびいる」は2000年頃、福岡市博多区にある『下町屋』というもんじゃ焼専門店で考案されたビール風の飲み物として誕生したらしいです。
最近、家族風居酒屋に行くとテーブルの上にあるキャッチスタンドの商品説明に書いてあるのを見かけたもので「こどもびいる」というのがあります。最近、家族風居酒屋に行くとテーブルの上にあるキャッチスタンドの商品説明に書いてあるのを見かけたもので「こどもびいる」というのがあります。取引業者から見せられたときに、ビール瓶入りのジュースを見てなんとなく「こどもびいる」を思いつき、自分でラベルを作ったうえで元に貼られていたラベルを剥がして、張り替えたそうです。茶色のボトルと言うのもなんとなく「ホッピー」を思い出させるよう

実際のこどもびいるの味ですが、コップに注いでみると琥珀色のビールの色、それと泡はちょっと粗めです。